会社員からフリーランスへのはじめの一歩

会社員とフリーランスの違いとは?フリーランス最初の一歩!

安定をとるか、自由をとるか?「フリーランス」で生きていく!

おすすめ記事

About me

フリーランス時代を経て、小さなデザイン会社を経営しています。フリーランスで稼ぐことができれば、会社に縛られずに生きられますよ!
このサイトへのお問い合わせはこちらから受け付けております。

フリーランスとは

フリーランスとは

会社にしばられず、自分ひとりの力で稼ぐ、フリーランスという働き方に興味を持つ人が増えているようです。フリーランスになった場合、会社員とは何がどう変わるのかを具体的に紹介していきます。また、フリーランスという働き方に向いている職業、人気のある職業などもあわせて紹介しますので参考にしてみてください。

フリーランスとはの記事一覧

フリーランスとはどういうものか

フリーランスとはどういうものか

フリーランスの語源に関して、自由と兵士という意味合いがあります。類似的な言葉として、フリーランサーという言葉がありますが、近代からは組織などから独立して、仕事を自分で行う兵士としての言われがあります。現代では独立して仕事をして、自分で生計を立てる兵士の意味合いであると解釈します。フリーランスは個人事業主などとの形態と意味合いが似ていて、税務署などに書類を提出する時に、便宜上の呼び名として使用されている場合が多いです。企業はフリーランスに対して、能力に応じて必要な時に仕事の発注ができる事がメリットです。地位の確立とともに、フリーランスはサバイバルの精神が必要です。

フリーランスにはどういう職種があるのか

フリーランスにはどういう職種があるのか

自由業の一環として、会社から離れてから単独で働く形態をフリーランスと呼びます。フリーランスは様々な業種があって、基本的には独立しても仕事に差し支えない職種として、フリーで仕事を展開していきます。フリーランスの職種は、主にデザイン関連の仕事とエンジニア関連の仕事とライター関連の仕事に分かれます。いずれの職も職種としての経験が豊富であって、スキルが突出していればフリーランスとして仕事を展開できるチャンスがあります。フリーで仕事をするためには、職種のスキルばかりではなくて、営業などの能力や豊富な人脈などの人間としてのスキルが必要とします。

フリーランスと会社員どちらが良いか

フリーランスと会社員どちらが良いか

フリーランスは自由に仕事をすることができるというメリットがあるものの、それに反してデメリットが非常に大きいという問題があります。特に金銭面での負担というのはかなり大きなものになりますので、負担を軽減したいなら会社員の方がいいです。ただ自分がしたい仕事が会社に存在しないという状態なら、フリーランスを選んだほうがいいこともあります。また、選ぶ場合は仕事をしっかりと区別して、自分ができることだけに挑戦した方が良いです。もしフリーランスにならなくても出来る仕事が会社にもあるなら、それは会社員として働いた方がいいこともあります。

フリーランスになる前に覚悟すべきこと

フリーランスになる前に覚悟すべきこと

フリーランスとして独立をした場合は、目標とした収入を確保できない事もあり、場合によっては食べていけなくなるリスクも考える必要があります。収入が安定しない中で労働をしている事で、収入によっては貯蓄を切り崩したり、フリーランスとして働く目的意識が見えない状態に陥る場合もあります。魅力的なスキルを持っていたとしても、時間が経つにつれて市場価値として価値が下がるスキルによって、仕事の受注が減ることを覚悟しなければならないです。確定申告などは、自分自身で行っておく事が当たり前です。さらに病気になった時などで仕事が出来なければ、別の稼ぐ手段を考えなければ食べていけないのです。また、孤独の中で仕事を行う事も覚悟しなければなりません。

PV数の多いサブテーマ

pagetop

会社員からフリーランスへのはじめの一歩

Copyright © 2014 会社員からフリーランスへのはじめの一歩 All Rights Reserved.