会社員からフリーランスへのはじめの一歩

フリーランスってどんな働き方?会社員とはどう違うのか

安定をとるか、自由をとるか?「フリーランス」で生きていく!

おすすめ記事

About me

フリーランス時代を経て、小さなデザイン会社を経営しています。フリーランスで稼ぐことができれば、会社に縛られずに生きられますよ!
このサイトへのお問い合わせはこちらから受け付けております。

会社員からフリーランスへのはじめの一歩

テレビのニュースや新聞などでも見聞きすることが多い、「働き方の多様化」という言葉。今のワークスタイルに不満を持たない人には特に気になることもないかもしれませんが、会社に通う日々に疲れてしまっているような人にとっては心に引っかかるキーワードでしょう。時代の変化や価値観の変化などの様々な要因により、正社員として会社に勤めることが全てではないと考える人の割合が増えてきているのは事実です。そのような流れに乗って、フリーランスという働き方が今注目を集めています。

フリーランスとは

フリーランスとは 会社に属していれば将来も安泰、そんな時代が終わりつつあります。せっかく大企業に入社しても人員整理でリストラされてしまったり、中小企業に長年勤めても、いつまでも生活が苦しかったり。そんな時代の中、いつまでも会社に頼るのはやめて自力で稼ごうという人が増えてきました。自力で稼ぐ方法のひとつが、フリーランスという働き方です。IT技術が発達し、どこにいても仕事のやりとりが可能になったこともフリーランス増加の一要因です。会社員からフリーランスになると具体的に何がどう変わるのか?フリーランスになる前の心構えなど、フリーランスの最初の一歩を紹介します。 フリーランスとはの詳細を見る

会社員からフリーランスになるときに気をつけること

会社員からフリーランスになるときに気をつけること 会社員を辞めてフリーランスとして生きていくこと選択をしたら、全てを自己責任として背負い、自分の足で立って歩かなければならなくなります。その最初の一歩は、退職前から踏み出していると思ったほうが良いでしょう。退職前にしておかなければならない準備や、退職時の手続き、退職後にフリーランスとして仕事をするための各種手続きなど、雑多な事務処理が待ち受けています。保険や税金など、会社員であれば特別な知識を必要としなかったことも、フリーランスは全て自分で処理をしなければならなくなります。雑多ではあるものの、慣れてしまえばさほど難しいことではありません。淡々とこなしていきましょう。 会社員からフリーランスになるときに気をつけることの詳細を見る

フリーランスの経理の初歩

フリーランスの経理の初歩 会社員として働きながら確定申告について詳しい知識を持つ人は多くはありません。会社に勤めていれば、会社が全て手続きしてくれますので、年に一度、年末調整の書類を会社に出せば、後は何も意識せずに勝手に所得税の納付が終わっています。しかし、フリーランスとなったら自分で確定申告をしなければなりません。毎年1年間分の売上=収入と、事業に使ったお金=経費をそれぞれ集計し、利益=所得を計算します。その所得からさらに税法上認められる控除額を差し引いて、課税対象となる課税所得額を算出し、その年の納税額を確定させます。 フリーランスの経理の初歩の詳細を見る

職種別!フリーランスのための案件サイト

職種別!フリーランスのための案件サイト フリーランスにとって、仕事がとれるかどうかは死活問題です。人脈をフル活用しつつ、インターネット上で案件情報を探しているフリーランスも多いのではないでしょうか。フリーランス向けの案件紹介サービスが多様化してきており、特定の職種に特化した案件紹介サービスも増えてきました。フリーランスという働き方を選ぶ人にとってはありがたいことですよね。ここではフリーランスに多い職種である、デザイナー、IT系エンジニア、ライター をピックアップし、それぞれの職種におすすめの専門案件紹介サイトをご紹介します。 職種別!フリーランスのための案件サイトの詳細を見る

PV数の多いサブテーマ

pagetop

会社員からフリーランスへのはじめの一歩

Copyright © 2014 会社員からフリーランスへのはじめの一歩 All Rights Reserved.