会社員からフリーランスへのはじめの一歩

会社員か、フリーランスか。どちらが良いかはあなた次第です。

安定をとるか、自由をとるか?「フリーランス」で生きていく!

おすすめ記事

About me

フリーランス時代を経て、小さなデザイン会社を経営しています。フリーランスで稼ぐことができれば、会社に縛られずに生きられますよ!
このサイトへのお問い合わせはこちらから受け付けております。

フリーランスと会社員どちらが良いか

フリーランスとは

フリーランスに憧れを持っている方もいると思いますが、実際には大変な所が多々あります。フリーランスになるメリットもあれば、デメリットも当然あることを知ってほしいです。そしてデメリットを解消できなければ、会社員として働いていた方がいいこともあります。

フリーランスと会社員どちらが良いか

フリーランスのメリットとは

フリーランスは自分で仕事を獲得できるというメリットがあります。自分がしたいように仕事を行って、自由に時間を使えるというのが一番いい所です。会社員は決められた時間の中で終わらせなければ残業ということですが、フリーランスの場合は自由に仕事時間を決めて、分割しながらできるということです。そのため仕事を次の日まで持ち越したとしても、計画通りに進んでいるなら問題は無いのです。他にも仕事の内容を選べるということや、高額な案件に取り組めて収入が得られるということもメリットです。

デメリットは結構強烈

フリーランスを行う上でデメリットは結構強烈なものがあります。まず収入の半分くらいは保険などの支払いに充てられてしまうため、残ったお金で生活していくのが結構厳しくなります。会社員は保険を会社側で負担し、差し引かれた分から自由に利用できます。しかしフリーランスは色々な物の支払いは自分で行うことになるため、どうしても費用負担は大きくなってしまいます。稼げない状態だと支払いで全てが消えてしまい、その月は苦しい状態となります。また仕事の都合上休みが取りづらいという問題もあるため、長期間での旅行に行くことができません。旅行などで家を空ける場合でも、クライアントに相談をしなければならないのは結構大変です。そのため長期での自由な時間を持てないという問題もあります。

やりたいことが会社にあるなら会社員が良い

ではフリーランスと会社員のどちらが良いのかという話ですが、会社員としてやりたい仕事が見つかるのであれば、会社員の方が良いことは多いです。金銭的な負担を軽減できるだけでなく、仕事は会社側が沢山持ってきてくれます。その中から自分が挑める仕事を見つけられるのですから、フリーランスと違って最初から頑張る必要性はありません。また仲間が助けてくれるということを考えると、協力しながら仕事をすることができるのも良い所です。そのため、やりたい仕事が見つからない場合を除けば、会社員の方が働きやすいことも多いです。

フリーランスで行くなら余裕を持つ

会社員の方が圧倒的に仕事がしやすいのは事実です。しかし自分のしたい仕事がみつからなくて、自分で仕事を作りたいと思っているなら、フリーランスを考えた方が良いこともあります。その場合は余裕を持って仕事を入れなければなりません。詰め込んで仕事をするくらいなら、それは会社員でやった方が良いと思います。詰め込んでも見返りがあまりにも無い仕事も沢山ありますので、フリーランスとして仕事をするなら余裕が必要です。そして会社員でもその仕事ができ、やりがいが持てるなら、会社員という選択をした方が良いこともあります。

PV数の多いサブテーマ

pagetop

会社員からフリーランスへのはじめの一歩

Copyright © 2014 会社員からフリーランスへのはじめの一歩 All Rights Reserved.