会社員からフリーランスへのはじめの一歩

ライター、デザイナー、エンジニア。フリーランスに多い職種を紹介します

安定をとるか、自由をとるか?「フリーランス」で生きていく!

おすすめ記事

About me

フリーランス時代を経て、小さなデザイン会社を経営しています。フリーランスで稼ぐことができれば、会社に縛られずに生きられますよ!
このサイトへのお問い合わせはこちらから受け付けております。

フリーランスにはどういう職種があるのか

フリーランスとは

個人で行う自由業として、会社から独立して働く形態をフリーランスと言います。フリーランスは、多岐に渡る職種があって、個人の業務の経験や特技などを活かして、自由業として仕事をします。前職で経験があったとしても、独立して仕事をする際には高いスキルや才能が必要になります。フリーランスの仕事の職種については、デザインやWeb系などの仕事に就いている人が多いです。

フリーランスにはどういう職種があるのか

デザイナー関連のフリーランスの仕事

デザイナーの中で一番多いフリーランスの職種は、Webデザイナーの仕事です。仕事の内容としては、クライアントから作成を依頼されたホームページやサイトのデザインの製作を担当します。訪問数を増やすため、デザインなどの作り方などに関してクライアントと打ち合わせを行って、要望に応えるデザインを作ります。様々なデザイナーの仕事として、ポスターや電車の広告などを作成するグラフィックデザイナーがあったり、アニメなどのキャラクターを作成するイラストレーターというデザイナーの仕事もあります。
グラフィックデザイナーは、広告を掲示する場所に相応しいデザインを独創的に考えながら作ります。また、イラストを作成するデザイナーも存在していて、キャラクターの絵や名刺などの作成を請け負っている場合もあります。

エンジニア関連のフリーランスの仕事

システムエンジニアやプログラマーなどにもフリーランスの職種があって、俗にフリーエンジニアと呼ばれています。フリーでシステムエンジニアの仕事を請け負う事になった場合、原則的に前職までのスキルやキャリアを活かして、クライアントの希望するニーズに沿って仕事を請け負います。クライアントの要望に沿って、独創的なシステムの構築や開発をするばかりではなく、要望に添った形で追加の機能を付け加えたり、システムの設計を行います。プログラマは、システムエンジニアが作った設計書に基づいて、動作させるためのプログラミングを自宅で行います。仕様書に基づいて、正常に動作するためのテストや修正も行う事があります。

ライターとしてのフリーランスの仕事

フリーライターは、主に多くの人に役立つ記事を作成したり、新聞や雑誌などに読者の視点に立って文章を作成していく仕事を請け負います。また、Webサイトやメールマガジンに掲載される文章のライターとしての仕事もあります。SEOなどの、紙媒体とは異なった知識が必要で、読み手に惹かれるようなオリジナルの記事を作成する事が大事です。一方で、映画などでの宣伝文句としてコピーを考えるコピーライターの仕事もあります。惹かれるキャッチフレーズだけではなくて、スローガンなどの細かな部分までの仕事を作っていく能力も必要とします。

PV数の多いサブテーマ

pagetop

会社員からフリーランスへのはじめの一歩

Copyright © 2014 会社員からフリーランスへのはじめの一歩 All Rights Reserved.