会社員からフリーランスへのはじめの一歩

自営業?個人事業主?呼び方は様々。会社に属さないのが、フリーランス!

安定をとるか、自由をとるか?「フリーランス」で生きていく!

おすすめ記事

About me

フリーランス時代を経て、小さなデザイン会社を経営しています。フリーランスで稼ぐことができれば、会社に縛られずに生きられますよ!
このサイトへのお問い合わせはこちらから受け付けております。

フリーランスとはどういうものか

フリーランスとは

フリーランスは、自分の持っている才能を生かすために組織から独立する人のことを指していて、自由業として働く事と同義である事と言えます。SOHOや個人事業者や自営業者という形態と相似していて、職業の立場として見分けがつきにくい事が特徴です。

フリーランスとはどういうものか

フリーランスの語源と概要

一般論としてフリーランスは、自由業として独立して仕事を行っていて、会社などの法人や特定の団体と専従としての雇用の契約を結びません。フリーランスの語源として、自由と兵士という語源があります。類似的な言葉として、フリーランサーという言葉があって、中世時代に雇用した1人の傭兵と言う意味合いがあります。フリーランサーは、近代に軍隊などの組織から独立して、1人で働く者として現代に伝わったという言われがあります。現代のフリーランサーは、組織から完全に独立して、自分で働きながら生計を立てている兵士であると言えます。

個人事業主などとの相違点と税金面に関して

フリーランス、個人事業主、自営業などの意味合いは相似していて、どの形態に関しても厳密に意味が分かれていないようです。フリーランサーが仕事の契約を行う時、便宜上の呼び名で使用されている事が多いです。自称で書類を提出する場合でも、フリーランスやSOHOなどの自由業に関係する肩書きを使っても大丈夫です。所得に関しては自己管理を徹底をして、仕事に掛かった経費なども正しく計上しなければならないので注意が必要です。また、税金を正しく計上するために確定申告も行う事も求められます。自由業などの人が収入を得た場合、事業所得として扱われ、事業としての税金が関係する事にも注意します。

企業や社会から見たフリーランスの立場

企業から見たフリーランスは、未経験の社員を最初から育て上げないでよいというポジティブな見方をしています。様々な企業にとってフリーランスは、社員の代替の手段として用いられる事が多いです。フリーランスに対して、企業が提供する仕事の中で、必要な能力を買い取る限定的な契約として扱う事によってメリットになりやすいです。一方で、社会から見たフリーランスは、現在の日本において実態を把握しないが、職業の範囲を明確化する事によってより多くの受け皿になる可能性もあります。

フリーランスのメリットと今後について

フリーランスは、様々な企業と仕事の受注を行う事によって、企業が求めるニーズに応える事ができれば、社会での活躍の場が広がりやすくなります。今後の日本で働くフリーランスに関しては、仕事としての地位の確立と収入の安定を目指す事が主な目的となるでしょう。フリーランスとして独立して、成功を収めるためにはニーズに沿ったスキルを活かすことが前提です。サバイバルの精神を持ちながら兵士としての誇りを持って、仕事を展開する覚悟がなければ勤まりません。

PV数の多いサブテーマ

pagetop

会社員からフリーランスへのはじめの一歩

Copyright © 2014 会社員からフリーランスへのはじめの一歩 All Rights Reserved.