会社員からフリーランスへのはじめの一歩

会社員の方が楽?フリーランスとして生きる覚悟とは

安定をとるか、自由をとるか?「フリーランス」で生きていく!

おすすめ記事

About me

フリーランス時代を経て、小さなデザイン会社を経営しています。フリーランスで稼ぐことができれば、会社に縛られずに生きられますよ!
このサイトへのお問い合わせはこちらから受け付けております。

フリーランスになる前に覚悟すべきこと

フリーランスとは

会社員として勤めているサラリーマンは、原則として会社の意向に沿って業務に従事しています。会社員として在籍している時に、やりがいや給料の面の不満を訴えて、自由業としてのフリーランスを考える人も存在します。フリーランスは、仕事の受注や確定申告を全て自分自身で行ったり、給料の保障がないという事を頭に入れておく事が大切です。

フリーランスになる前に覚悟すべきこと

フリーランスになった時の収入や待遇

フリーランスになると、全て自分で仕事を受注しなければ食べていけるだけの収入を得る事ができません。下準備として、フリーとして独立した場合にしっかりとした地盤を固めておけば、独立してから成功までの道のりは短くなりやすいです。仕事の地盤が固まっていないと、最初の数ヶ月で在職していた時の収入よりかなり低くなる場合もあって、食べていけないと感じる人も少なくないです。安定しない収入の中で働いている事にって、貯蓄が少なくなって、結果的にサラリーマンに逆戻りをする人も多いです。フリーランスは、ただ単に日銭を稼がなければならないという収入の面ばかりを気にしていると、将来に対する目的意識が見えづらくなってしまう可能性が高いので注意が必要です。
仮に長い経験を積んだとしても、不安定な労働の中で収入が低かったり、いつまで経っても収入が上がらないかもしれないという事の覚悟を持たなければならないのです。

将来の生活や保険について

会社に属していれば、仕事のスキルがなかったとしても、会社が一定の待遇を保障してくれます。フリーランスになれば、給料は完全歩合制なので、成果を出さないと生活が出来ません。将来の生活に関しては、自分自身でどうにかするという覚悟を持つ必要があります。誰もが認めるスキルを所持していたとしても、自分の持つスキルの市場価値が下がれば、食べていく事は難しくなります。
会社の組織から外れた場合、健康保険などの保険の加入も全て自分自身で行います。また、一定の収入を得た時は自分で確定申告をする事になります。従って、将来を見据えてからフリーランスになるという決断をしなくては自分の人生に見通しがつかなくなる可能性が高いですので、よく考えてみましょう。

稼ぐ事のリスクと自分で動く事の重要性

フリーランスは、病気などになっても仕事の時間を調整できますが、休業した場合は休業した分の報酬がない事を覚悟しなくてはなりません。休業中は貯金を切り崩して生活をしたり、家族などに稼いでもらうなどといったことになってしまうので、長期で体調を崩してしまえば食べていけない事になります。
正社員の時代は、仕事が出来なくても他の社員の助けがあります。しかし、フリーランスは1人で仕事をしていくことによって、人に頼らずに仕事を展開する覚悟が必要です。また、孤独感や外の刺激からの誘惑と戦いながら、安定した収入を掴む努力が重要です。

PV数の多いサブテーマ

pagetop

会社員からフリーランスへのはじめの一歩

Copyright © 2014 会社員からフリーランスへのはじめの一歩 All Rights Reserved.