会社員からフリーランスへのはじめの一歩

フリーランスライターは「フリーライターのよりどころ」をチェック!

安定をとるか、自由をとるか?「フリーランス」で生きていく!

おすすめ記事

About me

フリーランス時代を経て、小さなデザイン会社を経営しています。フリーランスで稼ぐことができれば、会社に縛られずに生きられますよ!
このサイトへのお問い合わせはこちらから受け付けております。

ライターなら「フリーライターのよりどころ」

職種別!フリーランスのための案件サイト

在宅ワークに興味がある、育児をしながらも仕事がしたい、そんな場合には「フリーライターのよりどころ」というサイトに登録することをオススメします。スキマ時間にコツコツと稼げるサイトであり、在宅ワークにもってこいです。事実、このようなサイトがアメリカでは大流行しており、大手企業も採用するほどです。では、さっそく利用方法や特徴などについて見ていきましょう。

ライターなら「フリーライターのよりどころ」

何を使ってどんな仕事をするか

パソコンを使ってネットが使える環境があれば、「フリーライターのよりどころ」を利用する条件を満たしています。どんな仕事かというと、案件が与えられそれを調べて記事を書き納品するという流れが一般的です。案件によってはフォーマット指定などがあります。良いパソコンやタイピングの速さはそこまで重要ではありません。仕事をしながら知識をつけてやろうという意気込み、つまりやる気と熱意が重要になります。そんな点では、モノを書くのが好き、読書が好き、コツコツ行う作業が好きという方は、フリーライターに向いていると言えるでしょう。初心者であっても上級者であっても、もっとも必要なのはやる気や熱意、興味関心といったモチベーション的な分野なのです。

どれくらい稼げるものなのか

基本的には費やした時間分、お金が稼げるという点ではアルバイトに近いシステムが採用されています。しかし、注目したいのはランクシステムです。Gランク、Cランク、Sランクで500文字あたりの値段が変化します。それぞれ120円、150円、200円という価格です。時給で換算すると、500文字で4記事分書けるならば、Sランクで800円となります。在宅ワークで自由な仕事のスタイルができる分、正社員よりは時給換算では低くなります。しかし、仕事を制限する上限もないので、たくさん記事を書きランクを上げることで150万円近く稼ぐ方もいます。最初は月に数万円からのスタートと考えると良いとも言えます。つまりは、それぞれのライフスタイルに合わせた仕事がチョイスできるということです。

「フリーライターのよりどころ」のサポート体制

一番不安で根本的な問題は、このサイトは頼れるのかという点でしょう。

独自の教育システムを設けていて、検文という作業をしてくれます。これにより、より上質の文が自然と書けるようになり、上記のランクがあがるシステムになっています。案件によっては、また全般的な質問などにも答えてくれるので、初心者にもありがたいサイト設計になっています。とにかく文を書いて、在宅での仕事がしたいという方には最適なサイトだと言うことができます。

PV数の多いサブテーマ

pagetop

会社員からフリーランスへのはじめの一歩

Copyright © 2014 会社員からフリーランスへのはじめの一歩 All Rights Reserved.